『ごまめの歯軋り』(ごまめのはぎしり)という言葉は

聞き慣れない言葉ですね。



なんとなく、歯ぎしりするような思いをする
歯ぎしりするほど悔しい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『ごまめの歯軋り』の意味


『ごまめの歯軋り』(ごまめのはぎしり)の意味は

力のない者が
いたずらに憤慨(ふんがい)し悔しがることのたとえ。
軽蔑や自嘲の気持ちで使う


といった意味のようです。



意味を見てもいまいちわかりづらい言葉ですが

弱い人が悔しがる
自分を悪く言う、低姿勢で言う

のような意味、使い方になりそうです。



『憤慨』(ふんがい)は
ひどく腹を立てること
『軽蔑』(けいべつ)は
相手の人格・能力などを劣ったものと考えて、まともに相手にしないこと
『自嘲』(じちょう)は
自分で自分をあざけり笑うこと。 自分自身をつまらないだめな人間だと軽蔑すること

といった意味になります。



例文としては
「騙されたことを悔やんでも無駄なこと、ごまめの歯ぎしりだ」

のような使い方が良さそうです。

※「ごまめ」は「田作り」(たづくり)とも言い
カタクチイワシの幼魚を干したもの。
お節料理などに使うものとなります。

スポンサードリンク

『ごまめの歯軋り』の類義語/同義語

←残念な結果で悔しい
恨めしい
口惜しい
唇を噛む
心外
泣くに泣けない
涙を呑む
無念
←攻撃されたように悔しい
忌ま忌ましい
ごまめの歯軋り
地団駄を踏む
切歯扼腕
千載の恨事
大魚を逸する
痛恨の極み
歯噛みする
←後悔して悔しい
悔いが残る
悔やまれる
臍を噛む

おすすめ関連記事