『恐れ入る』(おそれいる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、想像以上で驚く、呆れる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『恐れ入る』の意味


『恐れ入る』(おそれいる)の意味は

相手の言動があまりにも常識から外れていて、呆れて物も言えない

といった意味のようです。



『言動』(げんどう)は
言語と行動。 言うことと行なうこと。 言行
『言行』(げんこう)は
言葉と行い。口で言うことと実際に行うこと

といった意味になります。



相手の振る舞いに呆れる

のような意味になりそうです。



『恐れ入る』(おそれいる)は
1.相手の好意などに対して、ありがたいと思う。恐縮する
2.相手に失礼したり、迷惑をかけたりしたことに対して、申し訳なく思う
3.あまりのことに驚き入る。(脱帽する)(物事のひどさにあきれる)

といった複数の意味になり、
1.2の意味は(恐れ入ります)という形で使うのが一般的のようです。

スポンサードリンク

『恐れ入る』の使い方、例文


例文としては
「五エ門の斬鉄剣でも斬れないものがあるとは恐れ入る」
「働いてないのに態度がでかいとは恐れ入る」

のような
「物凄さに感服する」
「ひどすぎて呆れる」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『恐れ入る』の類義語/同義語

←行動などに呆れる
開いた口が塞がらない
呆れて物も言えない
恐れ入る
驚き入る
聞いて呆れる
ご挨拶だ
凄まじい
世話がない
二の句が継げない
よく言う
←不意をつかれて呆れる
唖然とする
呆気に取られる
絶句する
←呆れている
いやはや
おやおや
何ともはや
←呆れて興味がなくなる
愛想が尽きる
何をか言わんや