『事実は小説よりも奇なり』(じじつはしょうせつよりもきなり)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、現実に起こる事は物語よりも思いもよらないことばかりで衝撃を受ける

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『事実は小説よりも奇なり』の意味


『事実は小説よりも奇なり』の意味は

この世で起こることには
虚構の小説より不思議なことがよくあるものであるという事

イギリスの詩人バイロンの作品に見える言葉。

といった意味のようです。



イギリスの詩人から来た言葉

となるようですね。



架空の物語より実際に起こる事の方が信じがたくて新鮮

のような意味になりそうです。



『虚構』(きょこう)は
1.事実ではないことを事実らしくつくり上げること
2.文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション

といった意味になります。



例文としては
「3日分以上の集積作業が溜まっているのに仕事の物量を上げてくるとは、事実は小説よりも奇なりである」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『事実は小説よりも奇なり』の類義語/同義語

←予想外で驚く
唖然とする
呆気に取られる
仰天する
すわ
青天の霹靂
動転する
度肝を抜かれる
寝耳に水
呆然とする
←急な事にびっくりする
肝を潰す
心臓が止まりそう
←事実に驚く
頭から水を浴びたよう
驚くまいことか
思いも寄らない
愕然とする
驚愕する
これはしたり
事実は小説よりも奇なり
耳を疑う
目を疑う
←非常識で驚く
目が点になる
目が飛び出る
目を丸くする
←予想外な展開に驚く
あれよあれよ
意表を衝かれる
狐につままれたよう
此は如何に
瓢箪から駒
降って湧いたよう
面食らう
←すごい事に驚く
あっと言わせる
息を呑む
一驚を喫する
上には上があるものだ
恐れ入る
驚き入る
驚異的
驚嘆する
声を呑む
舌を巻く
瞠目する
目を見張る