『起居』(ききょ)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



それでも漢字を見るとなんとなくイメージがしやすく

起きる場所、居座る場所のようなイメージから

生活する場所、生活していく事

のような意味になってきそうですか。



『起居』の読み方は(ききょ)と読みます。

スポンサードリンク


『起居』の意味


『起居』(ききょ)の意味は
立ったり座ったりする意味から
日常の生活。
また、その場所で日常の生活を送ること


といった意味のようです。



「起」が立つ「居」が座るという意味で「日常の生活」

といった意味を表す言葉だったんですね。



意味が「寝食」「衣食」「寝起き」と似ているので

使い方も同じなのかもしれません。



例文としては
「特に大きな事件もなく起居している」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『起居』の類義語

生活
起居
起き伏し
寝起き
寝食
衣食
生計
口過ぎ
身過ぎ
世渡り
渡世
食う
食べる
やっていく

『暮らす』の慣用句

同じ釜の飯を食う
口を糊する
暮らしが立つ
腰を落ち着ける
飯の種
飯を食う
路頭に迷う
露命を繋ぐ

『暮らす』のことわざ

衣食足りて礼節を知る
住めば都
泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生

関連コンテンツ



スポンサードリンク