『惻隠の情』(そくいんのじょう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが、なんとなく

心を静かに保つ、または「かわいそうの類義語」として考えると
こっそり手助けをしたくなるほど同情する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『惻隠の情』の意味


『惻隠の情』(そくいんのじょう)の意味は

人の苦しみに対する哀れみの心
「惻隠の情を催す(もよおす)」などのように使う。
「側」は哀れむ
「隠」は陰で心配するという意味。

といった意味のようです。



哀れみや心配する気持ち

のような意味になりそうです。



『催す』(もよおす)は
1.人を集めて行事などを行う。開催する
2.そういう気持ちにさせる

といった意味になります。

スポンサードリンク

『惻隠の情』の使い方、例文


例文としては
「嫌な相手でも困っている姿を見ると惻隠の情が芽生える」

のような
「哀れみの気持ち」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『惻隠の情』の類義語/同義語

←環境がかわいそう
哀れ
痛ましい
涙無しに
不憫
胸が痛む
←自然に同情する
労しい
一掬の涙を注ぐ
聞くも涙語るも涙の物語
気の毒
察するに余りある
惻隠の情
涙を禁じ得ない
涙を誘う身につまされる
憐憫の情
←凝視できないほどかわいそう
哀れを止める
痛々しい
見るに忍びない
見るに見かねる

おすすめ関連記事