『一掬の涙を注ぐ』(いっきくのなみだをそそぐ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、頼りなく感じてかわいそうに思う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『一掬の涙を注ぐ』の意味


『一掬の涙を注ぐ』(いっきくのなみだをそそぐ)の意味は

どうしてやることもできないが
その人の運命を哀れに思う

「一掬の涙」は
本来は両手ですくうほどの涙の意味。
現在は一般にわずかな涙の意味で用いる

といった意味のようです。



何もできない、力になれないが
その人を哀れに思う

のような意味になりそうです。



例文としては
「犯行の動機を思うと一掬の涙を注ぎたい」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『一掬の涙を注ぐ』の類義語/同義語

←環境がかわいそう
哀れ
痛ましい
涙無しに
不憫
胸が痛む
←自然に同情する
労しい
一掬の涙を注ぐ
聞くも涙語るも涙の物語
気の毒
察するに余りある
惻隠の情
涙を禁じ得ない
涙を誘う身につまされる
憐憫の情
←凝視できないほどかわいそう
哀れを止める
痛々しい
見るに忍びない
見るに見かねる

おすすめ関連記事