『飯の種』(めしのたね)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「話の種」は聞いたことがあるのですが、それに関連して考えてみると

食事が旨くなるほどの話、又は、食べ物にありつけるようなうまい話

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『飯の種』の意味


『飯の種』(めしのたね)の意味は

生計を立てていくための収入源

といった意味のようです。



何かの話、というような意味ではなく

種の例えが「基盤」のような意味になってくるようですね。



めし、食べ物、それが「生活」といった意味を表し

生活の立てていくための基盤、収入源

といった意味になっくるようです。



例文としては
「これまで生きてきた知識がどこかで飯の種につながっている」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『飯の種』の類義語

生活
起居
起き伏し
寝起き
寝食
衣食
生計
口過ぎ
身過ぎ
世渡り
渡世
食う
食べる
やっていく

『暮らす』の慣用句

同じ釜の飯を食う
口を糊する
暮らしが立つ
腰を落ち着ける
飯の種
飯を食う
路頭に迷う
露命を繋ぐ

『暮らす』のことわざ

衣食足りて礼節を知る
住めば都
泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生

関連コンテンツ



スポンサードリンク