『袖を絞る』(そでをしぼる)という言葉は

聞いたことはある言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが「泣くの類義語」として考えると

涙が枯れるほど泣く、悲しむ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『袖を絞る』の意味


『袖を絞る』(そでをしぼる)の意味は

涙でびしょびしょに濡れた袖を絞るということから
悲しくてひどく泣く

といった意味のようです。



すごく悲しくて泣く

のような意味になりそうです。



「袂を絞る」
たもとをしぼるほど涙を流す。ひどく泣く

とは類語にあたるようです。



『袂』(たもと)は
和服の袖付けから下の、袋のように垂れた部分

といった意味になります。



例文としては
「フルマラソンでリタイヤしてしまい袖を絞った」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『袖を絞る』の類義語

涙する
涙ぐむ
啜り上げる
咳き上げる
哭する
落涙
嗚咽
号泣
慟哭
感泣

『泣く』の慣用句

紅涙を絞る
声が潤む
声涙倶に下る
袖を絞る
涙に咽ぶ
涙を催す
不覚の涙
吠え面をかく
目頭を押さえる
涙腺が緩む

『泣く』のことわざ

泣いて馬謖を斬る
泣く子と地頭には勝てぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク