『泣く子と地頭には勝てぬ』(なくことじとうにはかてぬ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、泣いている子供と頭が固い人には勝ちづらい、争わず引き下がった方が良い

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『泣く子と地頭には勝てぬ』の意味


『泣く子と地頭には勝てぬ』(なくことじとうにはかてぬ)の意味は

聞き分けもなく泣く子と
無理矢理租税を取り立てていく横暴な地頭には
道理で争っても勝てない。
正しい道理を説いても通じないことにいう


といった意味のようです。



言葉が通じない、話し合っても通用しないとき

に使われる言葉となりそうです。



『道理』(どうり)は
1.物事の正しいすじみち。また、人として行うべき正しい道
2.すじが通っていること。正論であること
『地頭』(じとう)は
鎌倉幕府によって設けられた職名
『租税』(そぜい)は
租と税。年貢

といった意味になります。

スポンサードリンク


『泣く子と地頭には勝てぬ』の類義語

涙する
涙ぐむ
啜り上げる
咳き上げる
哭する
落涙
嗚咽
号泣
慟哭
感泣

『泣く』の慣用句

紅涙を絞る
声が潤む
声涙倶に下る
袖を絞る
涙に咽ぶ
涙を催す
不覚の涙
吠え面をかく
目頭を押さえる
涙腺が緩む

『泣く』のことわざ

泣いて馬謖を斬る
泣く子と地頭には勝てぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク