『手に余る』(てにあまる)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、手が余るぐらい余裕になる、または
手を使い切っても大変なくらい困る

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『手に余る』の意味


『手に余る』(てにあまる)の意味は

自分の能力を超えていて処理できない

といった意味のようです。



手に負えない

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『手に余る』の例文、使い方


例文としては
「その仕事内容では自分には手に余る」

のような
「自力では処理できない」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『手に余る』の類義語/同義語

←やることに悩む
頭が痛い
頭を痛める
頭を抱える
思い余る
困惑
思案に余る
思案に暮れる
頭痛の種
途方に暮れる
弱り果てる
←やり方に困る
往生する
始末が悪い
始末に負えない
処置無し
手に余る
手に負えない
手を焼く
泣かされる
難儀する
閉口
辟易する
持て余す
←やりようがない
足掻きが取れない
お手上げ
進退窮まる
切羽詰る
二進も三進も行かない
八方塞がり
←足りなくて困る
事欠く
不自由する

おすすめ関連記事