『誼』(よしみ)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



何となく、人と人とのつながり、何かの縁、付き合い

のような意味になりそうですが。



『誼』の読み方は(よしみ)と読みます。

スポンサードリンク


『誼』の意味


『誼』(よしみ)の意味は

「好」とも書く
親しい交わり。
また、親しみの気持ちがおのずとわくような
ある縁によるつながり


といった意味のようです。



ただの付き合い、交わりというわけではなく

親しみのある人同士の繋がり、関係

のような意味になるようです。



例文としては
「昔ながらの誼での飲み会はかけがえのない時間となった」

のような
「親しい仲」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『誼』の類義語

交際
交わり

親交
交友
交遊
社交
友誼
交情
情実
腐れ縁

『付き合い』の慣用句

顔が広い
肝胆相照らす
気心が知れる
旧交を温める
爾汝の交わり
水魚の交わり
世間を狭くする

『付き合い』のことわざ

益者三友
己に如かざる者を友とするなかれ
君子の交わりは淡きこと水の如し
朱に交われば赤くなる
損者三友
和して同ぜず

関連コンテンツ



スポンサードリンク