『和して同ぜず』(わしてどうぜず)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



「和」が人の集まり、だとすると

たくさん人がいても全く同じような人、考えというのはなかなかいない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『和して同ぜず』の意味


『和して同ぜず』(わしてどうぜず)の意味は

人と仲良くしても自分の考えをしっかり持ち
むやみに相手に同調するようなことはしない。
主体性を持って人と付き合う君子の態度をいった言葉


といった意味のようです。



これは「論語」から来ているようです。



なかなか奥が深い言葉だったようですね。



『君子』は
学識・人格ともにすぐれた、りっぱな人

といった意味になります。



無意識になってしまうとどうしても人の考え、行動を真似してしまいがちですが

しっかり自分で考えた行動をしていく

のような意味になりそうですね。



自分らしい生き方をするためにも

無意識に流されない生き方を心がけていきたいですね。



人と仲良く、とあるので

仲良くしつつ自分の考えは貫く

のような意味となりそうです。

『和して同ぜず』の例文、使い方


例文としては
「和して同ぜずのように生きる方が後悔なく生きられるが、集団の中にいるうちは抑えたほうが災いは防げそうだ」

のような
「仲良くしつつ自分の考えで行動する」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『和して同ぜず』の類義語

交際
交わり

親交
交友
交遊
社交
友誼
交情
情実
腐れ縁

『付き合い』の慣用句

顔が広い
肝胆相照らす
気心が知れる
旧交を温める
爾汝の交わり
水魚の交わり
世間を狭くする

『付き合い』のことわざ

益者三友
己に如かざる者を友とするなかれ
君子の交わりは淡きこと水の如し
朱に交われば赤くなる
損者三友
和して同ぜず

関連コンテンツ



スポンサードリンク