『肌に粟を生ずる』(はだにあわをしょうずる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



わかりづらい言葉ですが、なんとなく

鳥肌が立つほど怖い思い

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『肌に粟を生ずる』の意味


『肌に粟を生ずる』(はだにあわをしょうずる)の意味は

恐怖・嫌悪などのために寒気を感じ
皮膚に栗粒のようなブツブツができる。
また、それほどの恐怖・嫌悪感を覚える


といった意味のようです。



怖さや気持ち悪さなどでぞっとする
鳥肌が立つ
寒気立つ

のような意味になりそうです。



『粟』(あわ)は
イネ科の一年草。五穀の一つで、飯や餅・団子にしたり、酒・飴あめなどの原料

といった意味になります。



例文としては
「事件の真相は肌に粟を生ずるものだった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『肌に粟を生ずる』の類義語/同義語

←未来を怖がる
怖気を震う
恐れ戦く
恐れをなす
桑原桑原
剣呑
戦戦兢兢
空恐ろしい
びくびくもの
不安に駆られる
←怖いものを体感する
薄気味悪い
寒気立つ
背筋が寒くなる
総毛立つ
ぞっとする
鳥肌が立つ
肌に粟を生ずる
身の毛がよだつ
身震いする
慄然とする
←怖い経験
青くなる
生きた心地もしない
肝を冷やす
血の気が引く
歯の根が合わない

おすすめ関連記事