『肝を冷やす』(きもをひやす)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



何となく、体が冷えるほど怖い、ひやっとするようなことが起きる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『肝を冷やす』の意味


『肝を冷やす』(きもをひやす)の意味は

危ない目にあったり
危うく大変な事態を引き起こしそうになったりして
ぞっとする


といった意味のようです。



危険な目に合いそうになり怖くなる

のような意味になりそうです。



『ぞっと』は
1.恐ろしさで身の毛がよだつ
2.美しいものに出あったりして、強い感動が身内を走り抜ける
3.寒さでからだがふるえあがる

といった意味になります。



例文としては
「飛び出してきた子供にぶつかりそうになり肝を冷やした」

のような
「危険で怖い思いをして鳥肌が立つ」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『肝を冷やす』の類義語/同義語

←未来を怖がる
怖気を震う
恐れ戦く
恐れをなす
桑原桑原
剣呑
戦戦兢兢
空恐ろしい
びくびくもの
不安に駆られる
←怖いものを体感する
薄気味悪い
寒気立つ
背筋が寒くなる
総毛立つ
ぞっとする
鳥肌が立つ
肌に粟を生ずる
身の毛がよだつ
身震いする
慄然とする
←怖い経験
青くなる
生きた心地もしない
肝を冷やす
血の気が引く
歯の根が合わない