『鳥肌が立つ』(とりはだがたつ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、不気味だったり恐ろしさで寒気がする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『鳥肌が立つ』の意味


『鳥肌が立つ』(とりはだがたつ)の意味は

寒さや恐怖・気味悪さ・嫌悪等のために
皮膚が羽をむしった鳥の皮の様にぶつぶつになる。
また、それほどの不快感を覚える


といった意味のようです。



不快な気持ちで肌にぶつぶつができる

のような意味になりそうです。



『覚える』(おぼえる)は
1.記憶する
2.習得する
3.からだや心に感じる

といった意味になります。



例文としては
「怪談を聞いて鳥肌が立った」

のような使い方が良さそうです。

※本当は間違った使い方ですが
なにかに感動した時に
恐怖するほど心が動かされる
のような意味としての使い方が増えてきているようです。

スポンサードリンク

『鳥肌が立つ』の類義語/同義語

←未来を怖がる
怖気を震う
恐れ戦く
恐れをなす
桑原桑原
剣呑
戦戦兢兢
空恐ろしい
びくびくもの
不安に駆られる
←怖いものを体感する
薄気味悪い
寒気立つ
背筋が寒くなる
総毛立つ
ぞっとする
鳥肌が立つ
肌に粟を生ずる
身の毛がよだつ
身震いする
慄然とする
←怖い経験
青くなる
生きた心地もしない
肝を冷やす
血の気が引く
歯の根が合わない