『綺羅を飾る』(きらをかざる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなくニュアンス的に

きれいな響きには聞こえてきますが。



きれいに着飾る、見栄えの良い格好にする

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『綺羅を飾る』の意味


『綺羅を飾る』(きらをかざる)の意味は

美しい衣服で華やかに装う

といった意味のようです。



イメージとなんとなく意味が一致していたようですね。



『華やか』
きらびやかで美しいさま。明るく美しいさま
『装う』
立派な衣服や装身具で身なりをととのえる
『綺羅』
1.美しい衣服
2.外見が華やかなこと。また、うわべを装い飾ること

といった意味になります。



「綺羅」という言葉が

美しい、華やか、という意味を表しているようですね。



例文としては
「日本アカデミー賞の番組では綺羅を飾る女優さん達が出演していた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『綺羅を飾る』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]