『着たきり雀』(きたきりすずめ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



それでもなんとなく

着たままの服装、ずっと同じ服を着っぱなしな状態、というイメージがあり

ボロボロの服装、ちょっとボロが入っている服装

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク

『着たきり雀』の意味


『着たきり雀』(きたきりすずめ)の意味は

舌切り雀、に掛けていった語
今着ているもの以外に衣服がなく、ずっとそれを着たままでいること。
また、その人


といった意味のようです。



着の身着のまま」の意味のように
着替えたりする余裕がない状態ではないようなので

こちらのほうは
今来ている服以外に衣服がない、一張羅

のような意味とも相違はなさそうです。



『舌切り雀』は

日本の昔話。原型は宇治拾遺物語に「腰折れ雀」の話がみえる。心やさしい爺(じじ)のかわいがっていた雀が糊(のり)をなめたので、意地悪な婆(ばば)は怒ってその舌を切って追い出す。爺は雀の宿をたずねて、土産に軽い葛籠(つづら)をもらって帰ると、中には宝物がつまっていた。これを見た婆は欲張って重い葛籠をもらって帰るが、それには蛇や毒虫などが入っていたという話。


といった意味のようです。



話の内容から言い方が似ているだけで

意味は似ていないようです。



「雀」もここから加えただけの言葉のようで

対して意味はないのかもしれません。



例文としては
「引っ越しの時は、アパートの解約が早すぎたので一週間ほど家無しで着たきり雀だった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『着たきり雀』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ