『着の身着のまま』(きのみきのまま)という言葉は

なんとなく聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、自分の肌にあう、自分好みの格好をする

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『着の身着のまま』の意味


『着の身着のまま』の意味は

着替えたりする余裕がなく
今身に付けているもの以外は何も持たないこと


といった意味のようです。



気兼ねのない、気を使わない格好

のようなイメージがありましたがそうではなく

今のこの格好以外は持ち合わせていない

という意味になってくるようですね。



着替える余裕がない、ということは

他に着替えるものは持ってない、一張羅

という意味とはちょっと違いそうです。



例文としては
「急ぎの用事のため着の身着のまま出かけた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『着の身着のまま』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]