『決意』(けつい)という言葉は

決断することを決めたというような

意思が強いといったイメージがあります。



何かを決断する上で強い意志がある時、見せるときに使われそうですが。

スポンサードリンク


『決意』の意味


『決意』の意味は

重大なことにあたってどうすべきかよく考え
意思をはっきりと決めること


といった意味のようです。



なるほど比較的重要なことに対して

どうするかという元の考えをはっきりとさせる

ということなんですね。



はっきりさせて明確化させれば

やるべきことも見えてきますから

結果的に行動しやすくなります。



『決意』というのは行動の原動力であり

元となる部分なのかもしれません。



決める内容は「重大なこと」とあるので

比較的大きな出来事を決断する

という覚悟も表現してそうです。



迷わない揺るがない

という心の動きもありそうですね。

『決意』の例文


例文としては

「何事にもへこたれない不退転の決意で作業に取り組む」
「自己嫌悪しないことを決意した」

といった意思表示のような

心のなかで曲げたくないものに対して使うと良さそうです。

『決意』の対義語


『決意』の対義語、反対語となると

やること考えがはっきりしない
意志がはっきりしない

といった意味になってきそうです。



なので『優柔不断』『立ち往生』

のような迷いや悩みのような

行動力がなさそうな言葉が近そうですが。



何にしても消極的な言葉

心が弱い状態を表す言葉となりそうです。



例えば『怖気づく』『戸惑う』『尻込み』『遠慮』

などが該当しますが

一概にこれだという言葉はなかなか難しそうです。



それでも難しいだけで
「決意できない」
「実行できない」

のような意味になればそれが

『決意』の反対の言葉として使えそうです。



なので『決意』の対義語、反対語は

怖気づく
戸惑う
尻込み
遠慮
優柔不断
臆する
気後れする


のような行動できなさそうな

消極的な言葉となりそうです。

スポンサードリンク


『決意』の類義語

決意
決心
思い切り
踏ん切り

処決
勇断
英断
即断即決
熟慮断行
一念発起

『決断』の慣用句

当たって砕けろ
ルビコンを渡る

関連コンテンツ



スポンサードリンク