『ルビコンを渡る』(るびこんをわたる)という言葉は

あまり馴染みのない言葉で

「聞いたことがない」という人が多そうです。



知らないと意味も予想しづらく

なかなか日常的にも使いにくいような気がします。

スポンサードリンク


『ルビコンを渡る』の意味


『ルビコンを渡る』(るびこんをわたる)の意味は

重大な決意をし決定的な行動を起こす

といった意味のようです。



以外に重い意味を持つ言葉のようですね。



『決意』というと
「よく考えた上で行動する」

という意味が含まれてそうですが

「自分の意志をはっきり決める」

といった意味になります。



なので『ルビコンを渡る』の意味は
「重大な事に対しはっきり決めて行動を起こす」

といった意味になってきます。

『ルビコンを渡る』の由来


『ルビコンを渡る』の由来は

『ルビコン』という言葉は

古代ローマ時代に属州ガリアとイタリアの境にあった『川』のようです。



そして、その時代に

ポンペイウスとの対決を決意したカエサルが
「賽(さい)は投げられた」と叫んで
河を渡ることが禁じられていたルビコン川を渡ったこと

から来たんだそうです。



ルビコンという渡ることを禁じられた川を渡るため
カエサルという人がポンペイウスと対決しようと決意した

という話から来たというのも驚きですが

この話が「重大な決意、行動を起こす」といった意味を持ち

現代にまで伝わっているのもすごいですね。



それだけ大きな決意だったのではと思わせられます。



『ルビコンを渡る』という言葉は

『決意』という言葉が主役になるぐらいの物語が詰まっていたからこそ

『決断』や『決意』に似た意味になってくるのかもしれません。



でもこれは日常で使うのはちょっと恥ずかしいですね。



例文としては
「ルビコンを渡った君に必要なのは覚悟だ。何も恐れることはない」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『ルビコンを渡る』の類義語

決意
決心
思い切り
踏ん切り

処決
勇断
英断
即断即決
熟慮断行
一念発起

『決断』の慣用句

当たって砕けろ
ルビコンを渡る

関連コンテンツ



スポンサードリンク