『柳眉を逆立てる』(りゅうびをさかだてる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「柳眉」(りゅうび)と聞くと「三国志の劉備玄徳」を思い出してしまいますが

漢字が全く違うので意味は全く違いそうです。



なんとなく、偉い人を怒らせる、怒らせてはいけない人を怒らせる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『柳眉を逆立てる』の意味


『柳眉を逆立てる』(りゅうびをさかだてる)の意味は

「柳眉」は柳のように細く美しい眉
美人がひどく怒る

といった意味のようです。



「柳眉」は眉毛のことをいっていたようで

その柳のように細い眉毛が逆立つ

という意味を表していたようです。



例文としては
「パーマに時間がかかってしまいお客さんに柳眉を逆立てられた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『柳眉を逆立てる』の類義語

怒気
憤り
憤慨
悲憤慷慨
鬱憤
義憤
瞋恚
熱り立つ
息巻く
気色ばむ

『怒り』の慣用句

頭から湯気を立てる
色を作す
逆鱗に触れる
怒髪天を衝く
向かっ腹を立てる
目に角を立てる
目を三角にする
柳眉を逆立てる

『怒り』のことわざ

怒りは敵と思え
一朝の怒りにその身を忘る

関連コンテンツ



スポンサードリンク