『怒りは敵と思え』(いかりはてきとおもえ)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、自分自身から出てくる怒りはときには敵よりも厄介である

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『怒りは敵と思え』の意味


『怒りは敵と思え』(いかりはてきとおもえ)の意味は

徳川家康の遺訓から
腹を立てると
相手もこちらに憎しみや恨みを抱く。
怒りは自分を滅ぼす敵と思って
努めて怒らないようにせよという戒め


といった意味のようです。



自分自身の怒りはときには敵、相手にも伝染して結果的に大変なことになる

のような意味になりそうです。



『遺訓』(いくん)は
故人の残した教え。父祖から子孫への教訓
『故人』(こじん)は
死んだ人

といった意味になります。

スポンサードリンク


『怒りは敵と思え』の類義語

怒気
憤り
憤慨
悲憤慷慨
鬱憤
義憤
瞋恚
熱り立つ
息巻く
気色ばむ

『怒り』の慣用句

頭から湯気を立てる
色を作す
逆鱗に触れる
怒髪天を衝く
向かっ腹を立てる
目に角を立てる
目を三角にする
柳眉を逆立てる

『怒り』のことわざ

怒りは敵と思え
一朝の怒りにその身を忘る

関連コンテンツ



スポンサードリンク