『頭から湯気を立てる』(あたまからゆげをたてる)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、頭に血が昇り熱くなった状態で怒っている

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『頭から湯気を立てる』の意味


『頭から湯気を立てる』(あたまからゆげをたてる)の意味は

かんかんになって怒っている様子

といった意味のようです。



『かんかん』は
ひどく怒っているさま

といった意味になります。



例文としては
「何回も配達ミスをしていたのでさすがの所長も頭から湯気を立てて怒っていた」

のような使い方は良さそうです。

スポンサードリンク


『頭から湯気を立てる』の類義語

怒気
憤り
憤慨
悲憤慷慨
鬱憤
義憤
瞋恚
熱り立つ
息巻く
気色ばむ

『怒り』の慣用句

頭から湯気を立てる
色を作す
逆鱗に触れる
怒髪天を衝く
向かっ腹を立てる
目に角を立てる
目を三角にする
柳眉を逆立てる

『怒り』のことわざ

怒りは敵と思え
一朝の怒りにその身を忘る

関連コンテンツ



スポンサードリンク