『堂に入る』(どうにいる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、鉄人レベルの実力になる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『堂に入る』の意味


『堂に入る』(どうにいる)の意味は

物事のやり方が手慣れていて危なげなく
見事なものである


といった意味のようです。



熟練者のように堂々とした方法で素晴らしい

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『堂に入る』の例文、使い方


例文としては
「ゲーム実況を始めてまだ日が浅いみたいだけど、プロだと言われてもわからないくらい堂に入っている」

のような
「手慣れていて優れている」

の代わりのような使い方が良さそうです。

学芸の奥義を究めるという意味の
「堂に升りて(のぼりて)室(しつ)に入(い)らず」
という言葉から。
「堂」は
客を持てなす表座敷。
「室」は
奥の間。
孔子が弟子の子路(しろ)を評して言った言葉
から来た言葉となります。

『堂に入る』の類義語/同義語

←実物に称賛
得も言われぬ
堪えられない
此の上ない
最高
妙なる
←自然に称賛
驚嘆すべき
神に入る
堂に入る
瞠目すべき
非の打ち所がない
比類ない
見事
目が覚めるよう
目覚ましい
目を奪う
目を見張る
←ごぼう抜きしている
圧巻
光彩を放つ
止めを刺す
白眉
ぴか一

おすすめ関連記事