『得も言われぬ』(えもいわれぬ)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、何も文句が言えないくらい素晴らしい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『得も言われぬ』の意味


『得も言われぬ』(えもいわれぬ)の意味は

何とも言い表しようがない
特に、素晴らしさや美しさについていうときに使われる。
「得も言えぬ」ともいう。

といった意味のようです。



例えようがないくらい素晴らしい、美しい

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『得も言われぬ』の使い方、例文


例文としては
「鉛筆のみで描いている絵でありながら、本物そっくりで得も言われぬものがある」

のような
「言葉で言い表せないくらい素晴らしい」

の代わりのような使い方が良さそうです。

「得」は
「得…ず」の形で「…できない」という意味。
「得も」の「も」は強める言葉。
「得」自体に「可能」の意味があるので
昔は「得も言わず」という形で使われていましたが
現代では「言われる」という可能形で使われています。

『得も言われぬ』の類義語/同義語

←実物に称賛
得も言われぬ
堪えられない
此の上ない
最高
妙なる
←自然に称賛
驚嘆すべき
神に入る
堂に入る
瞠目すべき
非の打ち所がない
比類ない
見事
目が覚めるよう
目覚ましい
目を奪う
目を見張る
←ごぼう抜きしている
圧巻
光彩を放つ
止めを刺す
白眉
ぴか一

おすすめ関連記事