『圧巻』(あっかん)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、圧倒的で見事に感じる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『圧巻』の意味


『圧巻』(あっかん)の意味は

ある書物の中の最も優れた部分の意味から
催し物・興行などで、最も素晴らしく感じられる部分

といった意味のようです。



最も素晴らしい、見事なところ

のような意味になりそうです。



『催し物』(もよおしもの)は
人々を集めて行われるさまざまな行事。展覧会・ 講演会・演芸会など。イベント
『興行』(こうぎょう)は
観客を集め、料金を取って演劇・音曲・映画・相撲・見世物などを催すこと

といった意味になります。

スポンサードリンク

『圧巻』の例文、使い方


例文としては
「毎年行われている近所の花火大会は、最後が圧巻だ」

のような
「最も素晴らしい」

の代わりのような使い方が良さそうです。

「巻」は文書の意味。
昔、中国で、官吏登用試験の答案のうち最優秀のものを一番上に置いた
というところから来た言葉。
※「圧観」と書くのは誤り。

『官吏』(かんり)は
国家公務員のこと。役人。官員

といった意味になります。

『圧巻』の類義語/同義語

←実物に称賛
得も言われぬ
堪えられない
此の上ない
最高
妙なる
←自然に称賛
驚嘆すべき
神に入る
堂に入る
瞠目すべき
非の打ち所がない
比類ない
見事
目が覚めるよう
目覚ましい
目を奪う
目を見張る
←ごぼう抜きしている
圧巻
光彩を放つ
止めを刺す
白眉
ぴか一

おすすめ関連記事