『玉の輿に乗る』(たまのこしにのる)という言葉は

なんとなく聞いたことがある言葉ですね。



大金持ちの男に嫁ぐ、結婚する

のような意味になりそうですか。

スポンサードリンク


『玉の輿に乗る』の意味


『玉の輿に乗る』(たまのこしにのる)の意味は

女性が高い地位や資産のある男性と結婚して
富貴な身分となる


といった意味のようです。



『富貴』(ふうき)は
金持ちで、かつ地位や身分が高いこと

といった意味になります。



基本的に高い地位や資産があるというのはメリットになるので

女性にとっての理想の結婚の1つとなりそうですね。



地位に差があるほど環境は変わりそうですが。



例文としては
「運良く玉の輿に乗ることができたが環境が変わり寂しい気持ちにもなった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『玉の輿に乗る』の類義語

婚姻
縁組
成婚
ゴールイン
おめでた
婚礼
祝言
嫁入り
輿入れ
婿入り
妻帯
連れ合う
添い遂げる
嫁ぐ
嫁する
片付く
縁付く
娶る
結ばれる

『結婚』の慣用句

華燭の典
所帯を持つ
玉の輿に乗る
手鍋提げても
身を固める

関連コンテンツ



スポンサードリンク