『喉から手が出る』(のどからてがでる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、欲望がむき出しになるくらい好きで欲しくなる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『喉から手が出る』の意味


『喉から手が出る』(のどからてがでる)の意味は

そのものが欲しくてたまらない様子

といった意味のようです。



ものすごく欲しい気持ち、状態

のような意味になりそうです。



『欲しい』(ほしい)は
1.自分のものにしたい。手に入れたい
2.あることが望ましい
3.そうしてもらいたい

といった意味になります。

『喉から手が出る』の例文、使い方


例文としては
「手に入らないとわかると喉から手が出るほど欲しくなる」

のような
「どうしても手に入れたい」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『喉から手が出る』の語源、由来


『喉から手が出る』の語源、由来は

空腹をどうしても満たしたい、喉から手を出してでもお腹に入れたい

という気持ちの表現から来たのではと言われています。



強い空腹をわかりやすく伝えるために生まれた言葉

ということなのかもしれません。



または、

教訓や戒めとして「喉から手が出る妖怪」に例えられて生まれた言葉なのでは

という説もあるようです。

スポンサードリンク


『喉から手が出る』の類義語

欲望
欲求
欲心
意地
煩悩
娑婆っ気
野心
色気
情欲
我欲
利欲
欲得

『欲』の慣用句

意馬心猿
垂涎の的
喉から手が出る
目が眩む
欲と二人連れ
欲の皮が張る
涎を流す

『欲』のことわざ

亀の年を鶴が羨む
大欲は無欲に似たり
欲の熊鷹股を裂く
隴を得て蜀を望む

関連コンテンツ



スポンサードリンク