『手を合わせる』(てをあわせる)という言葉は

普通に使われる言葉ですね。



なんとなく、お祈りをする、のようなイメージがありますが、「頼むの類義語」として意味を考えると

気持ちを込めて手伝ってくれるようお願いする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『手を合わせる』の意味


『手を合わせる』(てをあわせる)の意味は

合掌するよう意味から
相手に懇願したり
心から感謝したりする様子


といった意味のようです。



『合掌』(がっしょう)は
仏教徒が、顔や胸の前で両の手のひらと指を合わせて、仏・菩薩(ぼさつ)などを拝むこと。インド古来の礼法で、仏教により日本に伝えられた
『懇願』(こんがん)は
誠意をこめて頼むこと

といった意味になります。



気持ちを込めて頼む

のような意味になりそうです。



例文としては
「GODを引いてくれと台に手を合わせて頼んだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『手を合わせる』の類義語

願う
請う
仰ぐ
泣き付く
拝む
拝み倒す
縋る
三拝九拝
懇願
依頼
委託
託する
嘱する

『頼む』の慣用句

頭を下げる
お百度を踏む
三顧の礼
袖に縋る
手を合わせる
手を借りる
手を煩わす

関連コンテンツ



スポンサードリンク