『筆を執る』(ふでをとる)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、文章を書き始める

のような意味になってきそうですか。

スポンサードリンク

『筆を執る』の意味


『筆を執る』(ふでをとる)の意味は

文章や書画を書く

といった意味のようです。



書き始める、でなく

書く、という意味になるようですね。



文章だけでなく書画も含まれるようです。



『書画』は
書と絵。毛筆で書いた文字と絵画

といった意味になります。



骨董品でよく見かけるような

お宝のように見える昔の絵が「書画」のようですね。

スポンサードリンク

『筆を執る』の例文、使い方


例文としては
「はがきのお返しをしようと筆を執る」

といった
「文章を書く」
の代わりのような使い方が良さそうです。

『筆を執る』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し