『筆が立つ』(ふでがたつ)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、すらすら文章が書ける

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『筆が立つ』の意味


『筆が立つ』(ふでがたつ)の意味は

文章を書くのが上手である

といった意味のようです。



予想していた意味と、大体同じだったようですね。

『筆が立つ』の例文、使い方


例文としては
「彼は筆が立つのでいざという時心強い」

のような
「文章を書くのがうまい」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『筆が立つ』の語源、由来


『筆が立つ』の語源、由来となるものはないようです。



『筆が立つ』の「立つ」は非常に複数の意味があるようで

今回は、その意味の中の1つ

『立つ』
技能などがいちだんとすぐれる

という意味が使われているようです。



「筆が立つ」
筆の扱い、技能が優れている
筆を書くことが上手である

という意味となるので

語源、由来はなく現代語のようです。

スポンサードリンク


『筆が立つ』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し

関連コンテンツ



スポンサードリンク