『筆硯を新たにする』(ひっけんをあらたにする)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、新しい文章や言葉を覚える、新しい今までにない文章を書いていく

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『筆硯を新たにする』の意味


『筆硯を新たにする』(ひっけんをあらたにする)の意味は

「筆硯」は筆とすずり
構想や傾向をすっかり変えて、文章を書き直す

といった意味のようです。



新しい文章、という意味ではありますが

書き直す、という意味が主役になりそうですね。



書いてしまった文章は名残惜しいところがあり

場合によっては枷となってしまいかねないので

使わないものを捨てる感覚でリセットする意味でも効果的な方法なのかもしれません。



例文としては
「筆が進まない時は筆硯を新たにするのも1つの解決策だ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『筆硯を新たにする』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]