『九仞の功を一簣に虧く』(きゅうじんのこうをいっきにかく)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



見慣れない言葉が並び意味が予想しづらいですが、なんとなく

備えていたものが一気に破られる、十分に備えていたはずなのに失敗する

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『九仞の功を一簣に虧く』の意味


『九仞の功を一簣に虧く』(きゅうじんのこうをいっきにかく)の意味は

「九仞」は非常に高い意味。
高い築山(つきやま)も最後のもっこ一杯の土を欠いては完成しないことから
最後のわずかな失敗で物事がだめになる

といった意味のようです。



最後の気の緩みで失敗する

のような意味になりそうです。



『九仞』(きゅうじん)は
高さが非常に高いこと
『築山』(つきやま)は
庭園などに、石や土を盛ってつくった小山

といった意味になります。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『九仞の功を一簣に虧く』の類義語

失策
失態
大過
切腹物
へま
ぽか
不成功
不首尾
蹉跌
こける

『失敗』の慣用句

虻蜂取らず
画餅に帰する
空振りに終わる
九仞の功を一簣に虧く
千慮の一失
轍を踏む
二の舞を演じる
墓穴を掘る
味噌を付ける

『失敗』のことわざ

羹に懲りて膾を吹く
猿も木から落ちる
急いては事を仕損ずる
七転び八起き
生兵法は大怪我のもと
二兎を追う者は一兎をも得ず
敗軍の将は兵を語らず
[ad#co-6]

[ad#co-3]