『ごまかす』という言葉は

普通に使われてる言葉ですね。



なんとなく、偽の情報で騙そうとする

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『ごまかす』の意味


『ごまかす』の意味は

人の関心を他へそらしたり人目を欺いたりして
その場やうわべを取り繕う。
また、そうして不正をする


といった意味のようです。



『関心』(かんしん)は
物事に興味をもったり、注意を払ったりすること。気にかけること
『欺く』(あざむく)は
言葉巧みにうそを言って、相手に本当だと思わせる。言いくるめる
『取り繕う』(とりつくろう)は
過失などを、その場だけなんとかうまくごまかす

といった意味になります。



偽情報でその場を凌ぐ

のような意味になりそうです。



例文としては
「別の話をしてごまかす」

のような使い方が良さそうです。

『ごまかす』の語源、由来


『ごまかす』は江戸時代頃から使われている言葉のようで

漢字で書く「誤魔化す」は当て字のようです。



語源の説は二通りあり、確信はないようです。



1つ目は
『護摩』(ごま)
インド系宗教において行われる火を用いる儀式
『紛らかす』(まぎらかす)
まぎれるようにする。まぎらす

の二つの言葉が合わさってできたと言われています。



普通の「灰」を、『護摩』という儀式で使われる「灰」だと嘘をついて売った詐欺があったようで

この詐欺の行いが「ごまかす」と言われていたようです。



もう一つは
『胡麻菓子』(ごまかし)
江戸時代の「胡麻胴乱(ごまどうらん)」という菓子のことで、中が空洞になっているため、見掛け倒しのたとえに用いられたことによる

のようです。



どちらも、江戸時代から伝わったのでは

という共通点はあるようですね。

スポンサードリンク


『ごまかす』の類義語

欺く
偽る
誑かす
誑し込む
騙る
担ぐ
引っ掛ける
謀る
陥れる
嵌める
惑わす
化かす
ごまかす
言いくるめる
欺瞞
瞞着

『だます』の慣用句

一杯食わす
嘘で固める
口車に乗せる
芝居を打つ
その手は桑名の焼き蛤
朝三暮四
二枚舌を使う
ぺてんに掛ける
羊頭を掲げて狗肉を売る
罠に掛ける

関連コンテンツ



スポンサードリンク