『有卦に入る』(うけにいる)という言葉は

あまり聞き馴染みのない言葉ですね。



あまり使われてなさそうな言葉なので

聞いたことない人も多そうです。



有卦(うけ)という言葉が

どこから来たのかも気になりますね。

スポンサードリンク


『有卦に入る』の意味


『有卦に入る』(うけにいる)の意味は

『有卦』は陰陽道って7年続くという吉にあたる年回りのこと。

『有卦』のあと凶に当たる年回りが5年続き、これを『無卦』(むけ)という

といった意味から

縁起の良い巡り合わせとなって、いいことが続く

といった意味のようです。

『有卦』という言葉は陰陽道から来ていて

「7年続く吉」という意味合いがあるんですね。



『有卦』と対称的な『無卦』という言葉があるのも驚きです。



それらの言葉の意味がまとまって

縁起がいい出来事が続いていく

といった意味になってくるんですね。



例文としては

「仕事に慣れてきて重要な役職を任されたり、鼻詰まりが治り睡眠の質が良くなったりと、最近有卦に入っているかもしれない」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『有卦に入る』の類義語

運勢
運気
運命
巡り合わせ
星回り
吉凶
付き
幸運
強運
悪運
不運
天運
天命
定め

『運』の慣用句

いい目が出る
有卦に入る
付きが回る
間がいい
良い星の下に生まれる

『運』のことわざ

運は天にあり
運否天賦
果報は寝て待て
死生命あり
我が上の星は見えぬ

関連コンテンツ



スポンサードリンク