『婚姻』(こんいん)という言葉は

聞いたことはある言葉ですね。



何となく、「婚姻届」という言葉から察すると

結婚の証拠、証明するもの

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『婚姻』の意味


『婚姻』の意味は

現在では主として法律・学術上の用語
男女が正式に夫婦の関係を結ぶこと。
法律上は届出によって成立する


といった意味のようです。



ということは、法律が作られるまでは

「夫婦の関係を結ぶこと」

という意味だったことになりそうですね。



今では法律上で結婚が成立する言葉として使われているようです。



『婚姻』は
結婚すること。夫婦となること

といった意味になります。



例文としては
「婚姻届の提出日も特別な日にこだわるカップルも多いようだ」

のような使い方良さそうです。

スポンサードリンク


『婚姻』の反対語、対義語


一般的に『婚姻』の反対語、対義語とされている言葉は

離婚
夫婦が生存中に法律上の婚姻関係を解消すること

のようです。



結婚したい時は『婚姻届』ですが

結婚を解除したいときは『離婚届』の提出となるので

法律の用語としても対義語、反対語となりそうです。

スポンサードリンク


『婚姻』の類義語

婚姻
縁組
成婚
ゴールイン
おめでた
婚礼
祝言
嫁入り
輿入れ
婿入り
妻帯
連れ合う
添い遂げる
嫁ぐ
嫁する
片付く
縁付く
娶る
結ばれる

『結婚』の慣用句

華燭の典
所帯を持つ
玉の輿に乗る
手鍋提げても
身を固める

関連コンテンツ



スポンサードリンク