『故郷に錦を飾る』(こきょうににしきをかざる)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



「錦」(にしき)がいまいちわかりませんが、なんとなく

名声を得て地元で有名になる

のような意味になりそうですか。

スポンサードリンク


『故郷に錦を飾る』の意味


『故郷に錦を飾る』(こきょうににしきをかざる)の意味は

出世して故郷に帰り
人々に褒めそやされる


といった意味のようです。



偉くなって地元で褒められる

のような意味になりそうです。



『出世』(しゅっせ)は
社会的に高い身分・地位を得ること
『ほめそやす』は
さかんにほめる。しきりにほめる

といった意味になります。

『故郷に錦を飾る』の使い方、例文


例文としては
「大会で優勝し故郷に錦を飾る」

のような
「成功して故郷で褒められる」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『故郷に錦を飾る』の類義語

立身
栄達
栄進
昇進
昇任
昇格
累進
成り上がる
伸し上がる

『出世』の慣用句

鯉の滝登り
功成り名遂げる
故郷に錦を飾る
地歩を占める
名を立てる
名を成す
箔が付く
一旗揚げる
一花咲かせる
日の目を見る
身を起こす
身を立てる
世に出る

関連コンテンツ



スポンサードリンク