『日の目を見る』(ひのめをみる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、努力が実り始める

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『日の目を見る』の意味


『日の目を見る』(ひのめをみる)の意味は

不遇だった者が世に認められるようになる

といった意味のようです。



『不遇』(ふぐう)は
才能を持ちながらもめぐりあわせが悪くて世間に認められないこと

といった意味になります。



その人の才能が多くの人に興味を持たれる、人気が出る

のような意味になりそうです。

『日の目を見る』の使い方、例文


例文としては
「断固たる決意が日の目を見るきっかけになった」

のような
「才能が多くの人に気に入られる」

の代わりのような使い方がよさそうです。

『日の目を見る』の語源、由来


『日の目を見る』の語源、由来は

太陽の光にあたって目立ち、人の目に入る

といった意味から来たようです。



「日の目」は
日光。日差し

といった意味になります。

スポンサードリンク


『日の目を見る』の類義語

立身
栄達
栄進
昇進
昇任
昇格
累進
成り上がる
伸し上がる

『出世』の慣用句

鯉の滝登り
功成り名遂げる
故郷に錦を飾る
地歩を占める
名を立てる
名を成す
箔が付く
一旗揚げる
一花咲かせる
日の目を見る
身を起こす
身を立てる
世に出る

関連コンテンツ



スポンサードリンク