『胸を焦がす』(むねをこがす)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、胸を痛めるほど愛おしく思う、する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『胸を焦がす』の意味


『胸を焦がす』(むねをこがす)の意味は

思いがつのって胸が苦しくなる。
一途に恋しく思う


といった意味のようです。



「愛する」というよりは「恋する」に近い言葉

なのかもしれません。



『募る』(つのる)は
ますます激しくなる。こうじる
『高じる』(こうじる)は
程度がはなはだしくなる
『甚だしい』(はなはだしい)は
普通の度合いをはるかに超えている
しい』(こいしい)は
離れている人や場所、また事物などに強く心を引かれるさま
『一途』(いちず)は
他を考えないで、一つのことに打ち込むこと。また、そのさま。ひたすら。ひたむき

といった意味になります。

『胸を焦がす』の例文、使い方


例文としては
「三橋貴志は胸を焦がしていた相手に生卵をぶつけようとした」

のような
「ひたすら恋する」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『胸を焦がす』の類義語

愛おしむ
慈しむ
愛でる
惚れる
好く
好む
寵する
愛好
贔屓
偏愛
溺愛
寵愛
鍾愛
一視同仁

『愛する』の慣用句

心を寄せる
情が深い
蝶よ花よ
胸を焦がす
目がない
目の中に入れても痛くない

『愛する』のことわざ

愛は惜しみなく与う
痘痕も靨
可愛さ余って憎さ百倍
寵愛昂じて尼になす

関連コンテンツ



スポンサードリンク