『情実』(じょうじつ)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、情報が充実している、または人付き合いが多いため情報流通が安定している

情報網が強い、広い

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『情実』の意味


『情実』(じょうじつ)の意味は

私情・利害から公平な取り扱いができなくなるようなつながりや事情

といった意味のようです。



予想していた意味とはだいぶ違っていたようですね。



やや扱いづらいややこしい意味になりそうです。



『情実』(じょうじつ)は
1.個人的な利害・感情がからんで公平な取扱いができない関係や状態
2.実際のありさま。実情
3.偽りのない気持ち
『私情』は
個人的な感情
『利害』は
得することと損すること
『事情』は
物事がある状態に至るまでの理由や状態。また、その結果

といった意味になります。



私情や損得が絡んだ公平でない結果

のような意味になりそうです。



例文としては
「責任のある役柄であるほど情実を交えないことが大事になりそうだ」

のような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『情実』の類義語

交際
交わり

親交
交友
交遊
社交
友誼
交情
情実
腐れ縁

『付き合い』の慣用句

顔が広い
肝胆相照らす
気心が知れる
旧交を温める
爾汝の交わり
水魚の交わり
世間を狭くする

『付き合い』のことわざ

益者三友
己に如かざる者を友とするなかれ
君子の交わりは淡きこと水の如し
朱に交われば赤くなる
損者三友
和して同ぜず
[ad#co-6]

[ad#co-3]