『文は人なり』(ぶんはひとなり)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



それでもなんとなく、言葉は人の基本である、基盤である

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『文は人なり』の意味


『文は人なり』(ぶんはひとなり)の意味は

文章には筆者の人柄が反映される。
文章を見れば書き手の人間性がわかる


といった意味のようです。



これは、フランスの博物学者ビュフォンという人からの言葉のようです。



文章から人柄、人間性が出てくる、わかる

のような意味になってくるようですね。



確かに、文章の僅かなブレというか差で

その人の気遣い、考え方など

細かな部分が見え隠れして感じる所があるのかもしれません。



例文としては
「文は人なりと言うが、人生経験が浅い子供は自分を表現することも難しいし、大人でも口下手な人もいるので一概には言えない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『文は人なり』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し

関連コンテンツ



スポンサードリンク