『ペンは剣よりも強し』という言葉は

なんとなく聞いたことがありそうな言葉ですね。



物理的な力よりも文章で伝える力の方が強い、影響力がある

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『ペンは剣よりも強し』の意味


『ペンは剣よりも強し』の意味は

文芸や思想の力は武力よりも大きい

といった意味のようです。



『武力』
軍隊の力。兵力
『思想』
心に思い浮かべること。考えること
『文芸』
詩・小説・戯曲など,言語表現による芸術。文学

といった意味になるので

大体予想していた意味と同じになってきそうです。



この言葉が生まれた頃には既に

文学の大事さがわかっていた

ということになりそうですね。

スポンサードリンク


『ペンは剣よりも強し』の語源、由来


どうやら
『エドワード・ブルワー=リットン』
生年月日 1803年5月25日、イギリス出身の小説家

という人物の作品である
『リシュリュー』
という文学作品にでてきた言葉、が語源、由来のようです。



その作品の意味では

本来の「権力のもとではペンは剣よりも強し」について、ペンは書類にサインすることを意味し、反旗を翻す者に対して「令状(逮捕状や死刑執行の命令書など)にサインする」と脅しているものだと解釈できる。しかし現在は、もっぱら「言論の力は武力より強い」と解釈されて用いられている。


ということのようで

「ペン」は「サイン」を意味し

脅しの言葉、反抗すればサインして死刑にする

という意味として使われていたようです。



もともとは、現代の意味

「武力よりも文学のほうが強い」

というシンプルな意味ではなかったんですね。

スポンサードリンク


『ペンは剣よりも強し』の類義語

記す
認める
控える
書する
草する
著す
物する
筆記
揮毫
執筆
著述
記述
記入
記載
記録
ノート

『書く』の慣用句

椽大の筆
禿筆を呵す
筆硯を新たにする
筆が滑る
筆が立つ
筆に任せる
筆を染める
筆を執る
筆を揮う
蚯蚓ののたくったよう

『書く』のことわざ

意到りて筆随う
文は人なり
ペンは剣よりも強し

関連コンテンツ



スポンサードリンク