『箸を付ける』(はしをつける)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、落ち着いて食べる、上品に食べる、バランスよく食べる

または、万全のご馳走を用意する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『箸を付ける』の意味


『箸を付ける』の意味は

箸を取って料理を食べる

といった意味のようです。



箸を使って料理を食べる

のような意味になりそうですね。



箸を使う料理、日本人であれば当たり前なので

基本的に「食べる」

のような意味になりそうです。



例文としては
「久々のうなぎだったので喜んで箸を付けた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『箸を付ける』の類義語

食う
食らう
認める
食する
喫する
つまむ
つつく
ぱくつく
頬張る
掻き込む
がっつく
平らげる
上がる
召し上がる
頂く
賞味
腹拵え

『食べる』の慣用句

牛飲馬食
口が奢る
口にする
舌鼓を打つ
食が進む
食が細い
箸を付ける
無芸大食
色気より食い気

『食べる』のことわざ

腹八分に医者いらず
河豚食う無分別河豚食わぬ無分別
痩せの大食い

関連コンテンツ



スポンサードリンク