『目がない』(めがない)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、これなくしては生きていけないほどハマっている、好んでいる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『目がない』の意味


『目がない』(めがない)の意味は

それがひどく好きで
そのものを前にすると思慮分別もなくなってしまうほどである


といった意味のようです。



思考停止、混乱するほど好きである

のような意味になりそうです。



『思慮分別』(しりょぶんべつ)は
物事の道理や正邪・善悪などを注意深く判断すること。また、その能力や判断

といった意味になります。



『目がない』は
1.夢中になって、思慮分別をなくすほど好きである
2.物事のよしあしを識別する力がない

といった複数の意味を持ち

目が節穴、のような意味もあるです。



例文としては
「パチンコに目がない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『目がない』の語源、由来


『目がない』の語源、由来は

目がない、見えない状態だと物事の判断ができない、難しくなる

というところから来たのではと言われています。



目が判断力に直結しやすいので

『目がない』は
判断する力がない、判断する力をなくすほど好きになる

のような意味、表現になったようです。

スポンサードリンク

『目がない』の類義語

愛おしむ
慈しむ
愛でる
惚れる
好く
好む
寵する
愛好
贔屓
偏愛
溺愛
寵愛
鍾愛
一視同仁

『愛する』の慣用句

心を寄せる
情が深い
蝶よ花よ
胸を焦がす
目がない
目の中に入れても痛くない

『愛する』のことわざ

愛は惜しみなく与う
痘痕も靨
可愛さ余って憎さ百倍
寵愛昂じて尼になす