『血と汗の結晶』(ちとあせのけっしょう)という言葉は

まさに
血も滲むような努力をしてきた結果

のようなイメージがあります。



血を流すほど、汗を流すほど
一生懸命努力をしたその結果が出た

というような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『血と汗の結晶』の意味


『血と汗の結晶』の意味は

大変な努力や苦労を重ねて成し遂げたもの

といった意味のようです。



目標に向かってすごく努力をしたり苦労したり
といったことを
積み重ねて得たもの、成し遂げたもの

といった意味になってくるんですね。



努力をしている時苦労しているときは大変ですけど

言い換えれば大変なのは
「その時だけ」

そしてその結果が
一生の財産となり
未来が楽になる、役に立つ

となってくるので

なんとか今を頑張って楽な未来を向かえていきたいですね。



例文としては
「この上腕二頭筋は私の血と汗の結晶だ」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『血と汗の結晶』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]