『馬力を掛ける』(ばりきをかける)という言葉は

あまり聞いたことがないような言葉ですね。



馬の力を掛けるとあるので

馬のような力を発揮するがごとく努力をする

といった意味にでもなってくるのでしょうか。



でも「馬力」は

動力の力

のようなイメージがあるので

その動力に気をかける

のような意味にもなりそうですね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『馬力を掛ける』の意味


『馬力を掛ける』の意味は

能率が上がるようにそれまで以上に精力を注ぐ

といった意味のようです。



なるほど馬力というのはエンジンみたいなもので

動力のようなもので動き始める

のようなイメージがありそうですね。



「能率が上がる」とあるので

仕事がはかどるように、より仕事が回るように
今まで以上に力を注ぐ、誠心誠意がんばる

のような意味になってきそうです。



締め切り間近になったときとか

この言葉が使われそうですね。



例文としては
「試合は後半だが点数は僅差なのでここらで馬力を掛けて一気に決めよう」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『馬力を掛ける』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]