『老骨に鞭打つ』(ろうこつにむちうつ)という言葉は

老人が無理をして労働する
または老人が無茶をする

といったイメージがあります。



老人は体をいたわらなければいけないのに
老人の身体が悲鳴を叫ぶくらい努力したり一生懸命になる

といった意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『老骨に鞭打つ』の意味


『老骨に鞭打つ』の意味は

老いた我が身を奮い立たせて物事の達成に力を尽くす。
多く、老人が自分のことをへりくだっていう言葉


といった意味のようです。



また「老骨」は
老いたからだ

といった意味になります。



老人が自分に対して使う言葉のようですね。

老人を敬うへりくだって言う言葉でもあるようです。



年をとってくると体のいろいろな所が疲れてきてしまうため
あまり無理をする訳にはいかないのですが

それでも動かないでいると
余計に老化を早めてしまう可能性があります。



なので老人であっても
無理をしない程度でも
積極的な行動を心がけるのが理想かもしれません。



若くても
怠けていると
頭も体も衰えてしまいますからね。



年齢は関係なく人間は

年をとって自分を磨いていく、成長していくのが

結局は長生きの秘訣となりそうです。



例文としては
「老骨に鞭打って後継者の人生を後押しした」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『老骨に鞭打つ』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く

関連コンテンツ



スポンサードリンク