『正装』(せいそう)という言葉は

聞いたことはある言葉ですね。



なんとなく、きちっとした格好、スーツのようなちゃんとした服を着る

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『正装』の意味


『正装』(せいそう)の意味は

儀式などの際の簡略化しない服装。
また、その服装をすること


といった意味のようです。



簡略化しない、という表現があまり聞き慣れませんが

手を抜かない、適当でない手の込んだ服装

という意味なのかもしれません。



『儀式』は
公事(くじ)・神事・祭事・慶弔などの、一定の作法・形式で執り行われる行事

といった意味になるので

普段着のような気楽な服装でない、制服やスーツ、背広

のような服装を表してそうですね。



例文としては
「正装したまま町中を歩くのはちょっと落ち着かない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『正装』の対義語、反対語


『正装』の対義語、反対語は

『軽装』
1.行動しやすいように服装や装備を簡単にすること。身軽な服装
2.簡単に包装すること

といった意味の言葉になります。



2番目の意味はちょっと違いそうですね。

『包装』
物品を包むこと

といった意味になります。



イメージ的に
『正装』は見た目を重視した格好
『軽装』は機能を重視した格好

ということにもなりそうです。

スポンサードリンク


『正装』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ

関連コンテンツ



スポンサードリンク