『穿く』(はく)という言葉は

よく聞きますね。



ただ、「履く」(はく)、はよく見るのですが

この「穿く」(はく)という言葉は

あまり見慣れない初めて見る言葉のような気がします。



それでも、「履く」の意味と大差がない意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『穿く』の意味


『穿く』(はく)の意味は

衣服を下半身につける

といった意味のようです。



衣服の下半身限定で「着る」意味を持つ言葉のようですね。

下半身の服を着るときに使う言葉となりそうです。



『穿く』と『履く』は同じ扱いの言葉のようで

『履く』『穿く』は
1.足をとおして下半身につける
2.足につける
3.刀剣などを腰につける
4.弓に弦を張る

といった意味になります。



ズボンのような服だけでなく

2のように靴を身に付けるときにも使う言葉となりそうです。



どちらかというと2の意味のほうがよく聞く言葉ですね。



例文としては
「黒のジーンズに穿きかえて出かけた」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『穿く』と『履く』の違いとは


『履く』と『穿く』は

同じ言葉として意味を解説しているところもあるので

意味や使い方は同じ、ということになりそうです。



ただ、どちらの言葉が、使うのが正しいのか、ということについては

賛否が分かれているようです。

「履く」派: 広辞苑、大辞泉、大辞林、新明解*2
「穿く」派: 三省堂国語辞典、明鏡、旺文社国語辞典、角川国語辞典、集英社国語辞典


ただ、よく見かけるのは『履く』の方で

ネットでの検索でも『履く』のほうが圧倒的にスムーズなので

一般的な『はく』は『履く』なのかもしれません。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『穿く』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]