『着用』(ちゃくよう)という言葉は

普通に聞く言葉ですね。



なんとなく、試しに服を着てみる

のような意味になってきそうですか。

スポンサードリンク


『着用』の意味


『着用』(ちゃくよう)の意味は

衣服や装身具を体につけること

といった意味のようです。



べつに特別な意味があるわけではなく、ただ衣服や装身具といったものを体につける

といった意味になるようですね。



「つける」という表現なので

全体ではなく服装の一部を着る、のような意味になりますが

『着用』は
1.衣服などを身につけること
2.衣服につけること

といった複数の意味になるので

「着る」のような意味としても使えそうです。



『装身具』は
装飾のために身体や衣服につける服飾付属品

といった意味になるので

装飾品、ネクタイや服用につける宝石

のような意味になりそうです。



例文としては
「ネクタイを着用して会社へ行く」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『着用』の反対語


「着る」の反対語だと「脱ぐ」が簡単に想像できますが

『着用』という癖のある言葉の反対語となると

ちょっとなさそうな気がします。



意味だけ捉えて反対の意味になりそうな言葉は

『脱衣』
衣服を脱ぐこと
『外す』
身につけていたものをとる

という言葉となりそうです。



ただ、『脱衣』の反対語は

『着衣』
衣服を身につけること

のようですが。



感覚的に『着用』は「着る」と同じような意味として使えそうなので

『着る』の反対の意味となる言葉が

『着用』の反対の意味として考えても問題はなさそうです。

スポンサードリンク


『着用』の類義語

纏う
羽織る
引っ掛ける
召す
装う
着飾る
めかす
着こなす
穿く
着する
着用
着衣
身仕舞い
身支度
身拵え
盛装
正装

『着る』の慣用句

替え着なしの晴れ着なし
着たきり雀
着の身着のまま
綺羅を飾る
伊達の薄着
弊衣破帽
身に着ける
身を固める

『着る』のことわざ

京の着倒れ

関連コンテンツ



スポンサードリンク